お手軽派から本格派まで、マンションリフォームにかかる費用とは?

要望に応えてくれるリフォーム業者を探そう!

建築技術が進歩したこともあり、マンションに住む人は増えていますね。新築のみならず、優良中古マンションを購入してリフォームするという方法も見られるようになりました。その際、リフォーム業者はどのように選ぶべきで、費用はいくらくらいかかるのでしょうか?まず、壁紙やフローリングを張り替えてカラーリングを変えるだけといった小規模なリフォームで良いのか、それとも、部屋全体を解体するような大規模なリフォームにするのか、決めておく必要があります。業者を選定する時に、自分の要望をはっきりと伝え、それに応えてくれるかどうかを見極めることが大切です。その際、必ず見積りを取って、費用がいくらくらいになるか確かめましょう。

部屋を作り変えるスケルトンリフォームとは?

壁紙やフローリングを変えるだけならば、費用は数十万~数百万円で済みます。ですが、より多額の、一千万円以上の費用をかけて、建物を取り壊して建て直すように大規模にリフォームしたいならば、「スケルトンリフォーム」と呼ばれる方法があります。これは、住戸の内側にある壁をすべて撤去することで、スケルトン、つまり骨組みの状態にして、新たに部屋を作るという大規模な工法です。建物の構造によって制約を受けることもありますが、キッチンやお風呂、トイレの位置を変えることも可能です。ただ、専門技術を必要とするだけに、対応できる業者は限られてきますから、リフォーム専用のサイトや雑誌で業者を探しましょう。

自分でリフォームするDIYという方法もある!

ここまでは業者にリフォームを依頼する方法をご紹介してきましたが、ちょっとだけ壁や床の色を変えたいだけという場合、費用の問題もあって業者には頼みにくいこともありますよね。そんな時は、「自分自身で行う」という意味の、DIYでリフォームすることがおすすめです。これは、言わば日曜大工であり、壁紙を貼り替えたり、塗料を塗ったりといった作業を、業者に頼まずに自分で実施する方法です。道具や資材はホームセンターで簡単に購入できますし、DIY専用のサイトや書籍を読めば、どのようにDIYリフォームを行えば良いのか学ぶことができます。これならば、場合によっては一万円もかからずにリフォームできることがありますし、自分自身で家を作るという達成感を味わうこともできますから、腕に自信がある方はぜひ挑戦してみてくださいね。

中古のマンションを購入して自分の好みに思いのままにするということが実現可能になっているのがマンションリフォームです。