賃貸アパートの空室リスクと審査基準のバランス

賃貸アパート経営の代表的なリスクは空室リスク

賃貸アパート経営をすることで、比較的安定した収入が得られるメリットがありますが、それも空室がなく常に賃借人が安定して確保できていることが前提でしょう。賃貸アパート経営の代表的なリスクは空室リスクと言われていますので、常にこのアパートを借りようと思ってもらえるように物件を魅力的にすることが大切です。仲介業者をしっかり選別することも重要になるかもしれません。その上で資金繰りや経費削減を行えば、利益を確保できるはずです。

賃借人の候補を広げることで空室リスクを下げる

空室リスクを回避するために有効な方法は物件の魅力を高めることですが、それ以外にも方法があります。それは、貸し出す候補となる対象者を増やすことです。他の物件での入居が拒否されるような人でも、家賃の支払い能力がある人はいるはずです。例えば、ペットを禁止している物件には入居できない人でもペットOKにすることで入居者にできますし、外国人お断りの物件ではじかれた人を賃借人として受け入れるやり方もあるでしょう。

賃借人の審査基準をどうするか

賃借人の対象者を増やせば空室リスクを回避できますが、違った問題もあります。ある人を受け入れることでトラブルになり、他の入居者が出て行ってしまっては元も子もありませんし、家賃の回収ができない賃借人を入れてしまったら空室よりも悪い状態になってしまいます。そのため、賃借人の範囲を広げる場合には、審査の基準も合わせて考え直す必要があるでしょう。つまり、賃借人の範囲を広げることと審査基準のバランスをとることが大切になるといえるのではないでしょうか。

札幌の賃貸マンションには、安全に暮らせるようにダブルオートロック機能といった防犯セキュリティが充実しています。